ブログ初心者のための稼げるキーワード選定のコツ

キーワードを選定って初心者にとっては難しいですよね〜。

これは大きなハードルです。

初心者にとって最初のハードルが3つあります。

  • ブログを設置すること
  • 商品選び
  • キーワード選定

この3つのうちの一つが「 キーワード選定です。

ユミ
でも初めはどうやって選べばいいのかわからないのよね。

この大きなハードルの1つであるキーワード選定について初心者の方が
少しでもスムーズに作業できるように、選定するコツについてご説明します。

1.何についての記事を書くのかビッグキーワードを決める

まずは何についての記事を書くのかを決めましょう。

この段階ではビッグキーワードで1語の単語を選びます。

今回は例として婚活に決めました。

コータン
ブログのテーマにそった大きなテーマから1語を決めてみよう!

2.ツールでキーワードを洗い出す

ツールでキーワードを洗い出してみます。

グーグルキーワードプランナーまたはgood keyword(グッドキーワード)で
婚活」に関する複合キーワードを洗い出します。

コータン
2つとも無料で使えるツールだよ!

グーグルキーワードプランナーで調べてみるとこんな感じでした。

次にgood keywordで洗い出して見ました。

ここで気になったキーワードをピックアップします。

コータン
2つのツールで違ったキーワードが出てくるよ。
ためしに両方で洗い出してみよう。
・キーワードツールについての詳しい記事はこちら⇓⇓⇓

3.洗い出したキーワードを絞り込みさらに調べる

洗い出したキーワードの中から「婚活サイト」を選びました。

そしてもう一度、good keywordで調べてみます。

4.検索ボリュームがどのくらいなのかを調べる

気になった複合キーワードを無料ツールのaramakijake.jp (アラマキジャケ)で調べてみます。

こちらも無料で使えるUbersuggest(ウーバーサジェスト)というツールでで調べてみます。

「婚活 結婚」と入力して調べてみます。

 

2つのツールで少し差はありますが、だいたい100くらいですね。

ちなみに、グーグルキーワードプランナーで調べてみるとこの様になりました。

無料で使おうとすると100〜1000という かなりアバウトな数値になってしまいます。

初心者であれば
aramakijake.jp (アラマキジャケ)と Ubersuggestウーバーサジェスト)をおすすめします!

コータン
キーワードごとにこれを繰り返して、候補にしたキーワードの
検索ボリュームを調べて行こう!

5.中くらいの検索ボリュームのキーワードを選ぶ

調べたキーワードの中から多すぎず、少なすぎないキーワードを選びます。

もちろん経験を積んで稼げる自信がついてきたら、検索数の多いキーワードを狙っていいのです。

しかし、初心者であれば50〜300くらいの検索数をおすすめします。

コータン
検索数が多いほど、ライバルが強い傾向にあるからね。

ユミ
でも、キーワードによって必ずしもそうではないわよね。。

コータン
そうだね。それはジャンルと稼げる度合いによるね。
一応、目安として覚えておいてね。

6.調べた中から記事を書いていくキーワードを決める

そして、調べたキーワードの中からどのキーワードで記事を書いていくかを
決めましょう。

決める時のポイントはそれは 「稼げるキーワードなのか」ということです。

それには実際にそのキーワードでgoogle検索してみて

  • ライバルサイトがどの様なサイトなのか。
  • 稼いでいそうなサイトなのか。
  • そのライバル達に勝てるサイトを作れそうか。

 

以上のことを確認して記事を作成して行きましょう。

コータン
ライバルサイトはしっかりと調査する様にしよう。

ユミ
そこが難しいところよね。時間もかかるし。。

コータン
それが初心者にも大きな助けになってくれるいいツールがあるよ。
・キーワードを洗い出し、ライバルサイトが稼いでいるかなどを
 調べられるツールの詳しい記事はこちら。⇓⇓⇓
Pandora2(パンドラ2)というキーワードツールが買いだ!【特典付き】 使い方と本音
まとめ
今回ご説明したキーワード選定のコツを知る事によって初心者の方でも
選定の手順を理解していただけたのではないでしょうか。
「手順を決めて作業すること」が重要です。
この作業を繰り返すことによってだんだんと稼げるキーワードを
選び出すことができるようになってきます。
焦らずに継続してやって聞くようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

キーワードに悩んだ時はこれ!
お宝キーワードを見つけよう!

Pandara2(パンドラ2)というキーワードツールで見つけられるよ。

おすすめの記事