キーワードってどうやって決めればいいんだろう?

本当にこの商品でいいのか?

このキーワードでいいのか?

そんな風に悩んでいませんか?

私もなかなか確信が持てずに悩んでいました。

それに何より時間がかかり過ぎる!

稼ぎまくっているベテランならともかく、副業でアフィリエイトをしている私には
稼いでいく上でこれは大きな障害でした。

そんな時にPandora2(パンドラ2)というキーワードツールを知りました。

そして、Pandora2(パンドラ2)を購入して、使ってみた結論はズバリ!

「買ったほうがいいツールです!」

その理由、使い方、感想について書いていきます。

なぜPandora2(パンドラ2)を買ったほうがいいのか

何よりも最大のメリットは「時間が大きく短縮できること」です。

・キーワードを探す。

・ライバルサイトをリサーチする。

・その中でどれが稼いでいるサイトかを調べる。

確かに、多くの時間を使えば全て無料でできます。

しかし、そんな事に時間をかけてばかりいたらブログを書く時間が
無くなってしまうのです。

 

◉あなたもこんな事で悩んでいませんか?

・どんなキーワードを選べばいいかわからない。
・どの商品を紹介すればいいかわからない。
・どんなページを作ればいいかわからない。
・PPCアフィリエイトをやってみたいがよくわからない。

自分で情報を「リサーチ」するのは大変ですよね~。
特に初心者の方は多くの情報を「リサーチ」していると、
本当に選ぶべきどれなの?と思ってしまうものです。

そこでつまづいてしまうんですよね。

そんな時に答えを指し示してくれるとありがたいですよね。

その「答え」を出してくれるのがPandora2(パンドラ2)と言うわけです。

実際、稼いでいるアフィリエイター達と同じことやろうと思ったら
とんでもなく時間がかかってしまいますし、そもそも、売れるサイトを作るところまで
なかなか、たどり着けない人が多いのです。

よく、月に5000円以上稼いでいるアフィリエイターは全体の5%と言われます。

全て自力でやろうとしてもなかなか稼げない、というのが現状だと思います。

「初心者がいきなりツールを使う必要がある?」

そう思われるかもしれませんが「初心者であればなおさら使った方がいいツール」だと思います。

なぜなら、最初に稼げるまでの時間を短縮していかないとモチベーションが上がらずに
やめてしまう確率が高いからです。

とにかく
稼げるキーワードを素早く見つけることが本当に重要
なのです。

 

Pandora2(パンドラ2)とはどんなツール?

・売れるキーワードは何か。
・売れる商品は何か。
・売れるページ構成はどんなものか。
・稼いでいる人はどんなキーワードで広告を出しているか。

などをカンニング出来てしまうツールなんです。

どれが売れている、稼いでいるかってなかなかわからないですよね。

最初は特に手探り状態です。

そんな情報がわかってしまうというのは嬉しいですよね。

Pandora2を提供している会社

株式会社 Catch the Web
代表 松井宏晃
住所 神奈川県藤沢市湘南台1-7-9フィオーレ湘南台5階 
 
インターネットのみで総売上67億円以上という
大きな業績のある会社です。

 

WebコンサルティングとWebマーケティングをやっている会社ですね。

会社がしっかりしているのは安心ですね。

 

詳しく知りたい方はホームページをご覧ください。↓↓

Catch the Webホームページ

 

稼ぐために「キーワード」ってそんなに大事なの?

いくら価値のある情報を載せたサイトを作ったとしてもほとんど検索されないサイトだとしたら
そもそも見てもらえません。

情報は必要としている人に届けられなければ価値がないのです。

その為には検索する人が多くいるキーワードで上位表示される必要があるのです。

約80%の人はネット検索した時に1ページ目までしか見ないと言われています。

2〜3ページまで見る人は約20%です。

自分のページを見てもらいおうと思ったら1ページ目までに表示させたいですよね。

検索数の多いキーワードであっても3ページまでには必要があるのです。

それによって多くの人に見てもらえてはじめて稼ぐことが出来るのです。

その為に必要なのが売れるキーワードというわけです。

Pandora2(パンドラ2)の機能とは。

公式ページでは20個の機能が紹介されています。

Pandora2(パンドラ2)の機能詳細

01. 広告逆引き機能
02. 広告一覧検索機能
03.提携広告検索機能
04.クリック先URL調査機能
05.URL偽装広告検索機能
06.同一IPサイト検索機能
07.継続出稿広告調査機能
08.デバイス毎広告調査機能
09.スマホ対応状況調査機能
10.広告順位チェック機能
11.SEO順位チェック機能
12.関連キーワード拡張機能
13.トレンドキーワードリサーチ機能
14.Youtube動画数調査機能
15.Youtube動画順位調査機能
16.プレポジ数調査機能
17.キーワードデータ取込み機能
18.上位サイトSEO解析機能
19.お宝キーワード発見機能
20.キーワードデータ抽出機能

 

以上の機能ですが、まず初心者が使いやすい基本的な機能は下記の3つになります。

1.キーワードリサーチ

入力したキーワードを元に自動的にキーワード候補を表示したり、
解析したいキーワードのライバルのデータが取得できます。

試しに「筋トレ」というキーワードでやってみます。

3階層掘り下げる」にしてみます。
階層を増やすとより多くのキーワードを掘り下げてくれます。
ただし、その分時間がかかります。

時間がない時は1、2階層にしておいた方がいいですね。

キーワードが出てきました。

このように「筋トレ」と検索しただけで大量のキーワードが検出されましたね。

これらのキーワードを解析にかけていきます。

画像では出てきた全てのキーワードを解析にかけていますが、キーワードを選択して絞り込んだ方が
時間もかからずに済むので良いと思います。

解析した結果が出てきました。

この集計を見てどのキーワードが人気があるのかを知ることが出来ます。

ここでわかるのが...

◉ in Title・・・・・対象キーワードの一部がページタイトルに含まれている件数
◉ Allin Title・・・対象のキーワードの全てがページタイトルに含まれている件数
◉ プレポジ数・・・・・プレミアムポジション数
◉ 広告数・・・・・・・PCとスマホそれぞれの広告数

プレミアムポジションは、Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告 スポンサードサーチといった
リスティング広告の上部に出てくる広告枠です。

広告数のデータがスマホ、PCに分けて分析できるのがいいですね。

ここで注目したいのは「Allin Title」の数です。

「Allin Title」の数が少ないということは強力なライバルが少ないということなのです。

私は「筋トレ 服」に注目して見ました。

プレポジ数が3、広告の数が7あるのに「Allin Title」の数が少なかったからです。

検索数を「aramakijake.jp」のサイトで調べて見ました。

検索数が300位あるのでニッチな良いキーワードではないでしょうか。

こんな感じで、稼いでいるキーワードを調べるわけですね。

新しいキーワードも見つかりますし、多くの人が最も使う機能ではないでしょうか。

2.PPC広告リサーチ

PPCとは「Pay Per Click」の略で、広告がクリックされるたびに広告主に課金される
広告
のことです。

このPPC広告は個人でも簡単に出稿することができます。

このPPC広告の

広告キーワード、広告URL、現在の出稿状況が丸わかりなわけです。

PPC広告を出稿する企業や個人はキーワードなどいろいろな戦略をたてて出稿しています。
これによって、稼げるPPC広告ページとキーワードがわかってしまうわけです。

これも便利ですよね。

3.順位チェック

指定した広告の検索ワードでの広告掲載順位データが取得できます。

Pandora2(パンドラ2)のデメリット

・機能をしっかりと学ばなければ最大限に活用出来ない。

Pandora2(パンドラ2)は多くのキーワードを抽出してくれるなど、
簡単に使える機能があります。

しかし、実際に自分がアフィリエイトで活用して行こうとした場合に
どうしたらいいか
わからなくなってまうのです。

抽出したキーワードをどう自分のサイトに生かすのかが問題なのです。

 

Pandora2(パンドラ2)を購入すれば動画マニュアルなどを
見ることが出来ます。

しかし、自分でどう活用していったらいいのかわからずにいる人も
多いのです。
なぜ「Pandora2」を買ったほうがいいのか

「パンドラ2を買えば稼げるキーワードを見つけられる」

というわけではないのです。

・月間検索数などはGooglキーワードプランナーから
読み込まなければならない。

月間検索数、CPC、推定インプレッションは、Googleアドワーズの
キーワードプランナーで解析した結果をCSVデータで読み込まなければ
なりません。

キーワードプランナーは本来 Google で広告を出稿するために
利用するツールとなっています。

 

広告を出稿していないアカウントの月間平均検索ボリュームは
1000から1万など大まかな検索数でしか表示されません。

 

パンドラ2の表を見ているとそのままこのような数字が出てきてくれそうな感じがしますが
結局はキーワードプランナーをのデータを保存し、パンドラ2の中へ
読み込まなければならないのです。

ちょっと面倒ですね。

Pandora2(パンドラ2)の価格

Pandora2(パンドラ2)の価格は通常価格58,000円です。

現在は キャンペーン価格で29,800円で提供されています。

無償アップデートも付いているのでずーっと使い続けることが出来ます。

アフィリエイトを続ける気持ちがある、あなたならば
とても安い価格だと思います。

キャンペーンが終わらないうちにご購入されることをオススメします。

まとめ

今後、アフィリエイトを長く続けて行かれるのであれば「絶対に損は無いツール」だと思います。

Pandora2(パンドラ2)を使えば、どんなサイトを作ればいいかという不安と悩みが
解消されます。

そして、トップアフィリエイターと同じ土俵で勝負する事が出来ます。

トップアフィリエイターのをマネして行けば、稼げる確率は圧倒的に高くなります。

まずは早く結果を出して、稼げるアフィリエイターの仲間入りをしましょう!

購入者特典

コータンより「Pandora2(パンドラ2)」を購入していただいた方に特典をプレゼントさせて頂きます。

特典1   Mr.sさん+コータン対談音声

 

「稼ぎの秘密とPandora2(パンドラ2)のマル秘活用方法!」

AmazonでNo1!電子書籍「ずるゆるブログ作成術」、「秘アフィリエイト副業法」の著者、Mr.sさんにインタビュー!

◉Mr.s氏の知られざる稼ぎの秘密とは

◉稼げるキーワードを見つけ出す「裏ワザ」とは

◉稼げるブログ作成「3つのポイント」とは

◉Mr.s氏が明かす、これで稼げた!「秘密のキーワード」とは

今回の対談でMr.sさんは電子書籍にも書かれていない情報や

Pandora2(パンドラ2)の効果的な使い方などをていねいに

教えてくださいました。

 

この対談音声を聞くと。。

・稼げるキーワードがわかる

・お宝キーワードの探し方がわかる

・最も効果的なブログの作り方がわかる

・Pandora2(パンドラ2)でのキーワードの調べ方がわかる

・Pandora2(パンドラ2)の活用方法がわかる

実際にそれをどうやって行けばいいかも説明しているので、あとは行動するのみです。

 

その結果、3ヶ月後のあなたは。。

「稼げる自分になっている」事に気づくでしょう。

 

その音声の一部をご紹介します。

特典2   一瞬で人をひきつける文章を書く9つのテクニック

稼いでいくためにはブログに「アクセスを集める」そして「しっかりと読んでもらう」ことが必要最低条件です。

そして、それを購入に結び付けなくては成果が上がりません。

だから、稼ぐためには、

人をひきつける文章を書く「コツ」をマスターして、

実践するのが一番の近道なのです。

 

トップアフィリエイター達はその「コツ」をひそかに使って稼いでいるのです。

でも、無料の情報ではほとんど公開されません。

その「コツ」を私は高額教材で学びました。

 

人は「感情」が動かない限り、行動することはほとんどありません。

「感情」が動く時にはどのような心理がはたらくのか?

 

このような心理分析をする事がたいへん重要なのです。

そして成果が出るか出ないかを決めてしまうのです。

 

そのテクニックを編集してわかりやすく解説します。

 

◉なぜかついつい読みすすめてしまうテクニック

◉「疑い」を一瞬で「信用」に変えてしまうテクニック

◉なるほど!と思わせるテクニック

◉一瞬で目をとめさせるテクニック

◉思わず「買いたい!」という気になってしまうテクニック

など9つを厳選しました。

 

このテクニックを使うことであなたのブログも注目を集めることが出来ます。

そして、実践していくごとに必ず成果となって現れていくことでしょう。

特典3 【2019年最新】稼げるジャンルはこれだ!

2019年4月現在での「稼げるジャンルリスト」をプレゼントします。

ジャンル選びは本当に重要です。

稼げないジャンルを選ぶといつになっても稼ぐことは出来ません。

まずは稼げるジャンルリストの中から商品を選ぶ様にしましょう。

特典4 再配布権付き 情報商材77個 

情報商材を77個プレゼントします。

アフィリエイトの情報が満載ですのでとても勉強になりますよ!

再配布権付きなので、あなたが商品を紹介するときの特典としても
お使いいただけます。

◉お願い

Pandora2(パンドラ2)購入時に下の画像が表示されていることを
ご確認ください。

特典をお渡しできない可能性があります。⇓

特典付き「Pandora2(パンドラ2)」はこちら

       ↓

キーワードに悩んだ時はこれ!
お宝キーワードを見つけよう!

Pandara2(パンドラ2)というキーワードツールで見つけられるよ。

おすすめの記事