「アフィリエイトをしている人達はみんなどのくらい稼いでいるんだろう。」
あなたがアフィリエイトをしている。
またはアフィリエイトをやってみたいと思ってる方であれば、
気になることではないかと思います。

そこで、2018年にアフィリエイターが月にどのくらい収入があるのかを調べてみました。

2018年アフィリエイターの月収

アフィリエイトの業界団体の1つ「アフィリエイトマーケティング協会」では
毎年、アフィリエイトの意識調査を実施しています。
その調査結果である2018年のアフィリエイトでの1ヶ月の収入がこちら。
特定非営利法人 アフィリエイトマーケティング協会
全回答者が2,450名ですので、意識調査としてはかなり調査人数も多いですね。
実態をとらえた信用できる数字だと言えるでしょう。
この調査結果をもう少し整理してみます。

 

少しまとめてみました。
このグラフで見ていくと5,000円未満の人が46.6%です。
5,000円以下の人は半数近いですね。
ということは5,000円以上稼ぐのが、まず第一関門と言えそうですね。
そして、10万円以上稼いでいる人は29.1%です。
3割近い人が10万円以上稼いでいるということですね。
100人中15人は50万円以上稼いでいることです。
5,000円を稼ぐことに成功して、その後に継続して頑張れば
しっかり稼げるということが言えるのではないでしょうか。

アフィリエイト収入の増減

アフィリエイトでの収入が2017年対比でどうだったのかも調査されています。

  • 増えた 36.8%
  • 変わらない 46.7%
  • 減った 16.5%
増えた人が36%ということで減った人を大きく上回っています。

 

ユミ
なんでアフィリエイト収入が増えた人が多いのかしら。

コータン
2018年までアフィリエイト市場全体が好調だったからと言えるね。

ユミ
収入が減った人も16.5%いるわね。

コータン
稼げるという話もあって、アフィリエイトに新しく参入する人も多いから
アフィリエイターの競争も激しくなっているからね。
以前ほど「放って置くだけでどんどん稼げる!」というわけではなくなって来ているからね。

ユミ
自分のサイトのメンテナンスは大事なのね。

アフィリエイト市場の好調要因

費用対効果が高い

不特定多数の消費者に広告を打つ場合はメディアに出した時点で広告費がかかります。
それと比較すると、成果報酬型のアフィリエイトは費用対効果が高く効率が良いのです。

コータン
購入してくれた時にだけ広告費を払えばいいから売れ行きが不振な場合は
少ない広告費で済むんだ。

ユミ
広告の出費に対するリスクが低いってことね。

知名度のない商品でもしっかりとPRできる

世間に全く認知されていない商品でもアフィリエイターに紹介してもらうことで
強くPRすることができ、認知度を高めることができます。

コータン
まぁ、世間に広く認知されるようになるためには
なかなか大変だと思うけれど、それを必要なユーザーにしっかりと
PRすることはできるよね。

ユミ
有名なモデルさんがブログで紹介して一気に話題になることもあるわよ。

コータン
SNSやブログ、YouTubeその他、メディアはいくらでもあるからね。
どこで一気に注目されることになるかはわからないよね。

 

アフィリエイト市場の今後はどうなる?

2018年までアフィリエイトの市場規模は右肩上がりで拡大しています。

今後の予測では2020年に3,500億円規模とも言われています。
オリンピック後に日本経済が後退する懸念がありますが、
アフィリエイトについては堅調であると予測されています。

コータン
これからのことは何とも言えねいけどね。
新聞、雑誌などの広告よりもコストを抑えられるから、
景気が後退したとしても、アフィリエイトが大きく減る可能性は
少ないと言われているね。
まとめ
アフィリエイトはこれから始める人でも十分に大きなお金を稼げるチャンスがあると
言えるでしょう。
最初はなかなか稼げませんが、コツコツと継続して稼げるようになるまで
頑張って行きましょう。

 

 

 

 

キーワードに悩んだ時はこれ!
お宝キーワードを見つけよう!

Pandara2(パンドラ2)というキーワードツールで見つけられるよ。

おすすめの記事