何で書けないの?

アフィリエイトのための記事」なんて自分に書けるのかな〜。

アフィリエイトで稼ぎたい!」と思って決心したものの、
ブログもろくに書いたことがないし。。。

そんな方も多いのではないでしょうか。

 

最初に儲かりそうなものということを考えてしまうとアフィリエイトをしている
サイトを見たときに「レベルが高いな〜」と思ってしまう場合が多いと思います。

 

一般的に「サイトアフィリエイトで稼ぐ方法」という情報では
売れる商品」「儲かる商品」を選んで記事を書きましょう!

その様な言い方をされてる情報サイトや本が多いと思います。

 

そう言っている人たちは皆さん、すでに稼いでいる人たちがほとんどです。

実際に多くの記事を作成して、試した結果で言われているので
それは正解だと思います。

 

でも、最初の1歩を踏み出せない人や記事を書く手が進まない人にとっては
なかなかハードルが高いですよね〜。

なぜなら、それらのサイトに勝つためには
そのジャンルの知識をインプットしまくらなければなりません。

 

なかなかそれは大変な事ですよね。

コピーライティング」「マーケティング」など、いろいろな技術や情報が出てきますね。

そして情報をインプットしているうちに「これ無理かも〜
本業もあるし、時間もそんなにないし〜

 

そんな感じでモチベーションが下がってしまって、また進まなくなるというパターンにおちいります。

 

まずは書いていくこと」が出来ないと何も進みませんし、スタートラインにも立てないということになってしまいます。

それには、楽しんで作業していくことが重要です。

人には「何かをしなければならない」と思う、ネガティブな感情をともなうものについては潜在意識が拒絶してしまって続かないという特性がある様です。

勉強でもそうではなかったですか?

そうであれば、しなければならない。」意識を消してあげなければなりません

だったらどうしたらいいの?

まず「自分の好きな事」を書いて、自分も書けるんだという感覚とペースを少しづつつかむことが大切です。

好きな事」といっても人に自慢できる様な特技や
これは負けない」という様な自信のある事は無いし。。

と思ってしまう方も多いと思います。

 

でも、そんなに完璧なサイトを作ろうと思わなくて良いのです。

自分が「これをやっていると楽しい!」と思えることに焦点を当て見るのです。

 

そして、ノートに文章にしようと思わずにどんどん書き出して行きます。

それを後で見返して「書くこと」をしぼって行くことが重要です。

 

あとはそのテーマ」に沿って記事にしてみるといいです。

 

まずはヘタでも書いてみることが重要です。

文章は書いていくうちに上達していくものです。

その書いていった記事の中で紹介できる商品、商材はないかな?
と考えて商品を選ぶといいと思います。

 

その中で最後に「売れている商品、商材」「利益のでる商品、商材」を選んで行く様にしましょう。

どうやって商品を紹介すればいいの?

「アフィリエイト」とは他の人の商品、商材を紹介してあげる事で
「報酬」という形であなたに支払われる仕組みです。

 

そしてユーザーはその商品、商材を買うときに何を思っているでしょうか。

これを買ったら自分の悩みや問題が解決するかも!

これを買ったら幸せになる、楽しくなるかも!

と思って買うわけです。

 

そうだとだとすると、それに対する答え」、「提案」を書いてあげる必要があります。

「それが自分だったらこうするな〜。こう思うな〜。」と想像してみる様にしましょう。

「私が使ったらこうでした〜。」感想を正直に伝えること。

良い部分だけでなくデメリットも伝えることが大切です。

 

その商品を使った場合にユーザーの悩みや問題が解決する
という「答え」、「提案」を書いてあげましょう。

 

意外と、「悩みや問題」への答えがしっかりと書かれていないサイトも多いので
自分のサイトがそうなっていないか注意して見てくださいね。

ユーザーの気持ちを理解して「信用」を作る

以前であれば、た「売れる商品」を紹介していればそれを買ってもらえた様ですが
今は違います。

 

ライバルサイトが少ない商品やジャンルをねらうにしてもある程度のライバルサイトは
存在するわけです。

たとえ、ライバルサイトがゼロだったとして、アクセスがあったとしても、「信用」してもらわなければ

「買ってもらえない」わけです。

 

実名を出して商品を紹介していないとしても、本質は「あなた自身が自分の手で商品を売る」ということと
同じなのです。

自分に置き換えてみると理解できると思うのですが、売ろうとする意思がみえみえなのは
嫌ですよね〜。

その様なサイトはすぐに閉じられて他のサイトへ行ってしまうのです。

 

しっかりとユーザーに向き合って「他のアフィリエイターに負けないサービスをする」という
気持ちが大切です。

 

その気持ちを忘れずに記事を書いて行きましょう!

きっと伝わると思いますよ。

そうすれば書いていくごとに上達し、きっと楽しくなって行くと思いますよ。

 

キーワードに悩んだ時はこれ!
お宝キーワードを見つけよう!

Pandara2(パンドラ2)というキーワードツールで見つけられるよ。

おすすめの記事