Ubersuggest(ウーバーサジェスト)ってどんなツール?

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)は検索ボリューム、サジェストキーワード、 SEOの難易度などが
調べられるツールです。

アメリカのWebマーケターのニール・パテル氏が開発したツールです。

2018年の12月に日本語対応になったということで、日本でも活用されるようになってきました。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)の良いところ

1.無料で使える

検索ボリュームを調べるための代表的なツールは Google キーワードプランナーです。

しかし、Googleキーワードプランナーは無料で使う場合には機能が制限されています。

そのため無料で検索ボリュームを調べようとすると100~1000、1000~1万というように
アバウトな数字しか出てきません。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)であれば無料で細かい数字まで表示されるのです。

2.ユーザー登録やインストールの必要がない

ユーザー登録やインストールなどの面倒な作業は必要ありません。

サイトにアクセスすればすぐに使うことが出来ます。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)で検索ボリュームを調べる方法

1.検索窓に調べたいキーワードを入力する

検索窓に調べたいキーワードを入力します。

2.検索をクリックする

検索ボタンをクリックします。

するとこちらの提案概要の画面が表示されます。

今回は「足痩せ」で検索してみました。

検索ボリュームが8100と表示されました。

コータン
サイトにアクセスして検索するだけですぐ調べられるのは本当に便利だね。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)で調べられること

1.検索ボリューム

月間でどのくらいの検索数があるのかを知ることができます。

また、上の図のように12ヶ月分の検索ボリューム数の推移がブラフで表示されます。

一年間の検索数の変化がどのようになっているかを知ることができます。

2. SEO 難易度

検索エンジンで上位表示させるための難易度が表示されます。

0~100の数字で示されます。

100に近いほどSEOの難易度は高いということになりますね。

3.有料難易度、クリック単価

有料難易度はGoogleの広告枠に表示させるための難易度です。

クリック単価はGoogleで広告を出稿した時に想定される1クリックあたりの単価です。

広告を活用していく人はこのような数字を参考にして、広告を出稿します。

4.サジェストキーワード

先ほどのボリュームの画面を下へスクロールすると調べたキーワードに対するサジェストキーワードの一覧が出てきます。

今回は208個のキーワードが出てきました。

ここで「関連」をクリックすると入力したSEOキーワードに関連する関連キーワードが表示されます。

4.SERP分析など

SERP分析によって、指定したキーワードで検索したときに表示される上位サイトの
「URL」「流入見込み」「SNSのシェア数」「ドメインスコア」を知ることが出来ます。

その他にもいくつかの機能があり、今後も機能が追加されることが予想されます。

まとめ

検索ボリュームを中心にUbersuggestの主な使い方をご紹介しました。

アフィリエイトをやっていて思うのはキーワードの重要性。
これは理解していたつもりですが、思っていた以上に重要だということ。

キーワードツールで探したキーワードの検索ボリュームをすぐに調べられる
Ubersuggestはとても便利だと思います。
その他の機能の充実度を考えると無料ツールとしては最強のツールと言えるのではないでしょうか。
ちなみに私はUbersuggestでは調べられない広告などの情報を網羅した

最強の有料ツールであるPandora2(パンドラ2)を併用して使っています。
ツールにある程度の出費が許される方はそのような使い方をお勧めします。
それで本当に最強になりますよ。
Pandora2(パンドラ2)についての記事はこちら

 

キーワードに悩んだ時はこれ!
本気で稼ぐならこのツールがおすすめです。

稼げるキーワードを今すぐ見つけてみよう。

おすすめの記事